ステップ表示について
距離、勾配、歩行時間などを総合的に判断し、当社で独自に設けた基準です。 もっとも平易な「ステップ1」から体力、技術、練度を必要とする「ステップ9」、 さらに基本的なクライミング技術を必要とするバリエーションまで10段階にわかれます。 ご自身の登山経験と体力にあわせたコース選択、また着実なステップアップをお願い致します。
  • ステップ1〜4 山を歩く
    ステップ1・2 健康な方なら、どなたでもご参加いただけます。 ステップ1は散策程度の入門コース、ステップ2では、トレッキングシューズをはじめ山歩きの装備が必要となりますが、比較的平易な山道を歩きます。
    ステップ3.4 山登りの要素が強まります。ステップ2より歩行距離や高度が増しますが、特別に危険な箇所や、技術を必要とするような所はありません。近郊のハイキングなど、ある程度の経験があればご参加いただけます。ステップ4では行動時間が増し、変化に富んだ山歩きを楽しみます。

  • ステップ5〜10 山に登るく
    ステップ5・6・7 ステップ5以上は、体力と山歩きの経験を必要とする登山コースです。岩場や鎖場などを経由するコースを含み、ステップ4までの山歩きに普段から親しまれている必要があります。2,000〜3,000m級の高山を訪ねるコースが主体です。
    3,000m級の山の縦走を主体とした、本格的な山登りを楽しむランクです。長い急登や、長時間に渡る歩行が一部含まれ、3泊以上の宿泊の荷物を背負っての縦走や、寝袋持参のコースなどです。事前のトレーニングを含め、折にふれて近辺の山歩きをされていることが条件となります。連続する急登、岩場、鎖場が含まれ、長期に渡る山行に耐え得る体力と、三点支持を含めたバランスよい歩行技術が欠かせません。
    ステップ10 ステップ8〜10の山旅に親しまれていること。